たぐち珈琲豆店@Amazon.co.jp

たぐち珈琲豆店@Amazon.co.jp オンラインショップはこちら

2016/08/19

8/22臨時休業します


毎日、えらく暑いですねぇ。ちょっと体調を崩しがちなんですが、毎日なんとかやっております。
さて、今月は22日に臨時休業させていただきます。例によって勉強会に参加してきます。この勉強会のために覚えたり確認することが多く、けっこう大変なのですがそれでも楽しいモンです。勉強するのが楽しいなんて、十代の頃の自分に教えてやりたいぐらいですよ、まったく。それでは、続いて最近の近況でも。貼り付けておきましょう。

2016/08/05

2016年8月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

   

今月はいきなりお知らせからのスタートです。上にもある通り、今月の金曜日は21時まで店を開けてみます。最近休みがちなので労働時間を稼ごうかと思いまして←フリーターかw
このところ夕方の来店客数が一気に増えました。また、閉店後に出掛けたりすると、人での多さに驚かされます。暑いけど冷静に考えれば簡単なことです。日は長いし暑い時間帯は出たくないし、そりゃあ夕方にならないと外に出ませんよね。だもんで、試験的に営業時間を延長してみます。感触が良ければ、いっそのこと夕方から開店・・・これじゃ、ほぼラーメン屋じゃないですか。なんにせよこういったことをすぐに実践できるのは一人でやっている強みです。

 

さてさて、【今月の珈琲・10%OFF】はタンザニア キリマンジャロ タリメ KIBO AA(S18) ウォッシュドです。通常は規格がAAだと17UPですが、このコーヒーは18UPなので大粒のコーヒー豆ばかりで迫力あるアピアランスとなっています。昔は大きい方が旨いと言われてましたが、最近は大きさと味は別問題と捉えることが通例となりました。ただ、大きいものだけを集めるということは、それなりの選別がされている証拠だと思います。

このタリメというのは地区の名前でして、あまりウォッシュドコーヒーが作られない地域だそうです。そのタリメで作られた水洗式のコーヒーなので、わざわざ商品名にウォッシュドと入れるマニアックぶり。商品名ついでにKIBOにも触れておくと、タンザニアのコーヒーにはこのKIBOとついていることがあります。もともとこれはキボ峰というキリマンジャロ山の一番高い峰のことです。これにあやかってカップが良いロットに対して輸出業者などがKIBOを付与します。ケニアでいうところのTOPとか++と同じですね。

カップはワイニーというほどブドウを感じず、ベリーというほど甘酸っぱさが前面に出ていません。それでもボディ感が強く飲みごたえがあります。わかりづらい例えなんですが、グラッパを飲んでいる感じに近いかな、と。ですから食後にチビチビ飲んだりするといい感じのコーヒーです。キリマンジャロですから、それなりに酸味も強めに出ています。個人的には久し振りに良いキリマンジャロが見つかったと思っています。

そして毎月変わる今月の珈琲とオススメコーヒーをセットにした【今月の珈琲セット】。今月も変わらずたぐちプレミアムブレンドです。先日集計して驚きましたが、開店して19年間、一度もトップを譲ったことがなかったたぐちハウスブレンドを抜いて売上げトップになりました。これも時代の流れでしょうか。嬉しいような寂しいような。





[PR]たぐち珈琲豆店Facebookページへの「いいね!」お待ちしております!

2016/07/15

7/16臨時休業します


三連休の初日はコーヒーインストラクター試験に委員として参加するため臨時休業します。委員としてとか言ってますけど、要はスタッフ・・・いや、お手伝いです。まぁ、研修生なので修行みたいなモンですね。ご迷惑をお掛けしますが、三連休の初日はご勘弁をいただいて二日目、三日目にお待ちしております。

2016/07/10

2016年7月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

七月は十日も経過してからの更新となりました。というのも、月初に熱中症と風邪のコンボを喰らいまして久し振りに床に伏しておりました。この時期になると每年のように熱中症との戦いになりますが、今年は早々に叩きのめされてしまいました。まだあと二ヶ月ぐらいこの暑さが続くかと思うと思いやられます。というか、年々世の中は暑くなっていくし、こっちはトシ取って体力はなくなっていくし。もう少し抜本的に何かを変える必要がありますね。

 

【今月の珈琲・10%OFF】は久々にエチオピアのナチュラルが登場、エチオピア イルガチェフ コンガ G3 ナチュラルです。去年は同じコンガの超抜G1でしたが、探しても探してもコレってのが見つからなかったので今回はG3です。いい機会なのでG3を味わってみていただきたいかと。
まずさっきからG1だG3だと言ってますけど、なんなんだってところを解説します。GはグレードのGです。エチオピアの格付けは300g中の欠点数・・・ざっくりいきましょう。欠点豆の数でグレードが決まります。要は欠点豆が少なければG1。多くなればG2、G3、G4となります。では何故このコンガはG3なのか。ちょっと前まではエチオピアのナチュラルは最高グレードがG3。G1はウォッシュドの最高グレードという位置づけでした。ですので、このコンガはナチュラルの最高グレードになるG3というワケです。
ところが最近は精選技術が進歩したのでナチュラルでもG1がある、という触れ込みです。この場合のG1は商社や問屋がG1と名づけているだけで、正式に輸出規格のG1ではないと聞いていますが実際のところはどうなんでしょう。これもおそらくロットやルートに依るところが多いんだろうと推測します。
で、エチオピアのモカというと欠点豆をいかにハンドピックするかというところになるでしょう。死にもの狂いでハンドピックをしている店なんかと比べるとウチなんかはしてないも同然。わざわざG3として売っているのですから、それなりのハンドピックしか施していませんのでご了承ください。過度にハンドピックを期待されてる方はやめておいたほうが良いでしょう。
ようやくカップのハナシになります。こちらのコンガG3、ナチュラルフレーバーがそれほど強くないためワイニーと言っても赤ワインのようなボディ感ではありません。ほどよく感じるロゼ程度でしょうか。店頭で試飲してもらったところ、大部分のお客さんからは「今までに飲んだことのないような美味しいコーヒー」という評価をいただいております。

そして毎月変わる今月の珈琲とオススメコーヒーをセットにした【今月の珈琲セット】。今月もたぐちプレミアムブレンドです。こっちにもコンガを入れてみようかと思いましたが、バランスが悪くなるのでやめました。





[PR]たぐち珈琲豆店Facebookページへの「いいね!」お待ちしております!