たぐち珈琲豆店@Amazon.co.jp

たぐち珈琲豆店@Amazon.co.jp オンラインショップはこちら

2017/03/19

J.C.Q.A.コーヒーインストラクター講師

2017/03/09

2017年3月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

このブログで今月の珈琲をお知らせすることが遅くなるのはいつものことなんですが(→ダメだろうw)、今月は店頭・オンラインショップ共に約一週間遅れで今月の珈琲の更新となってしまいました。待っていた皆さまにはお詫び申し上げます。
それというのも先月末。当店一番の大口取引先に異常が発生してしまい、当店開店以来となる緊急事態に巻き込まれてしまいました。正直に言うとこのまま廃業の可能性すらありました。しかし捨てる神あれば拾う神あり。こんな店でも救いの手を差し伸べてくださった方々のおかげ今、こうして今月の珈琲のお知らせができることになりました。現状は未だ収束しておりませんが、こうなったらやるしかありません。

で、【今月の珈琲・10%OFF】はドミニカ バラオナ ピーベリーです。まずは商品説明的なカタい文章でも。

ジャマイカ、キューバが共に価格高騰、入手困難となり、ドミニカも現在では品薄です。特に品質の良いドミニカは市場から消え始めており、カリブ海コーヒー特有の香りを持ったドミニカのコーヒーは希少品となりつつあります。そのような状況にもかかわらず幸運にも生産量の少ないバラオナ地区から良質なコーヒー、それも珍しいピーベリーが入荷しました。クリアなテイストでカリブ海のコーヒーらしい舌触りの良い透明感のあるカップ。フレグランスはチョコレートのようであり、アロマはカリブ海のそれである。若干、欠点豆はあるもののドミニカコーヒーの現状を踏まえれば十分なアピアランス。

どうです、このカタい文章。このコーヒーはドミニカ人のバイヤーから紹介をもらったのですが、あまり取扱いをしているお店はないようです。何故でしょう。今はなかなか入手できないカリブ海系のコーヒーで、しかもレアなピーベリーだというのに不思議です。舌触りも良いしフレグランスやアロマも心地よく、昭和の高級品テイストな良いコーヒーです。

最後に毎月変わる今月の珈琲とオススメコーヒーをセットにした【今月の珈琲セット】。今月はたぐちプレミアムブレンドです。今月はセットのブレンドまで工夫することができませんでした。





[PR]たぐち珈琲豆店Facebookページへの「いいね!」お待ちしております!

2017/02/06

2017年2月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

とうとう花粉の被害が来ましたよ。先月末あたりから、なんとなく調子が悪かったのですがコレを書いているまさに今日、絶頂の調子悪さを迎えております。每年のことですが、目、鼻、あたりは人より症状が軽く、首から背中の痛み、ディープな倦怠感、耳が痒い、軽い呼吸困難に悩まされております。それ花粉症じゃないんじゃない?と、言われますが身体中を精密検査をしても異常はなく、每年この時期に同じ症状を発症するので花粉症ということにしておいてくださいお願いします。まずは今週、医者に行ってきますわ。

さて、お待たせしました。満を持してルワンダ コプロカWS スカイヒルを【今月の珈琲・10%OFF】として発売開始します。先月にいろいろ焙煎を試していると書きましたが、結局一番最初にテストした焙煎に決定しました。ファースト・インプレッションとは恐ろしいものです。直感とは裏打ちされた経験によって導かれると、どこかで聞いたことがあります。まさにそれでした。ダテに長くやってないもんだと我ながら感心してしまいました。おっと、自画自賛はそこまでだ。

このスカイヒルはなかなかの玄人好みのコーヒーのようです。というのも、当店にやって来るコーヒー関係者やマニアの方々に黙って差し出すと、皆一様に「コレ、なんですか?旨いですね」的なことを漏らします。確かに特徴ある強い酸味はコーヒーをよく知る人ほど気になるポイントかと思われます。こういった華やかな酸味を持つコーヒーが今のトレンドでしょう。

そしてトレンドと言えばサードウェーブ系のコーヒーショップでよく見かけるDORMANS。今やアフリカを代表すると言っても差し支えないコーヒー専門企業です。1950年にナイロビに創立されて以来、環境と人権及び倫理的価値保護を一番重要な購買基準として・・・と、企業説明はさておき、高品質のケニアコーヒーを取り扱っており、世界中のロースターから一目置かれています。そのDORMANSが取り扱っている、それもルワンダのコーヒーを、というだけで、このスカイヒルの品質の高さは確たるものと言えましょう。

カップは先にも触れたとおり、これぞアフリカのコーヒーならではの酸味。果実のような甘味を持ち合わせているので、特に女性好みのコーヒーとなっています。ちなみにブルボン種なので外観は小粒気味でコクも十分あります。いつものことながら、こういったコーヒーは酸味が苦手という方にこそ飲んでいただきたいものです。

最後に毎月変わる今月の珈琲とオススメコーヒーをセットにした【今月の珈琲セット】。今月はたぐちプレミアムブレンドです。「セットのブレンドはたぐちプレミアムブレンドにしてくれ」と懇願する方が多いので、来月は違うブレンドにするつもりです←ザ・天邪鬼





[PR]たぐち珈琲豆店Facebookページへの「いいね!」お待ちしております!



2017/01/08

2017年1月【今月の珈琲・10%OFF】のご案内

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。毎度のことながら新年の挨拶は遅めです。今年もより一層、技術を磨き良いコーヒーを紹介できるよう精進していきたいと思います。通年であれば新年の目標なんかを書かせていただくのですが、今年は書かないことにしました。黙ってやる。そう、今年は黙ってやることを目標にします←結局発表するw


昨年末の投稿なのでまだ記憶に新しいところではあります。新年一発目はコレ、と言っておきながら土壇場で変更です。理由としては、まだ納得の行く焙煎になっていない。というか、まだ十分時間を掛けてテストができていません。現時点での結論としては、中煎りにするともうダメ。ですので、今は浅煎りで熱の掛け方を変えてテストをしております。
ホントに美味しいコーヒーなんですけど、次回入荷が約束できません。もし万が一、間違ってもないとは思いますが、月の途中で完売なんかしちゃうとどうしようもないので、1月より日数の少ない2月にスライドさせようかと。そんなワケで、楽しみにしていた方にはホント申し訳ありませんが一ヶ月お待ち下さい。

ということで、【今月の珈琲・10%OFF】はコロンビア ウィラ サン・アグスティン スプレモになります。昨年からたぐちプレミアムブレンドのベースとなっている個人的に超お気に入りのコロンビアコーヒーです。実は今まで何回かサン・アグスティンは取り扱ってきましたが、このロットは間違いないブツだと自身を持ってオススメできます。

超お気に入りと言うだけあって店主好み、甘味が感じられてボディ感が強いコーヒーです。そうだ、ついでと言っては何ですが「ボディ」って何?と、よく聞かれます。コレが非常に説明が難しいところなんです。専門的に言うと「液体の口当たり、特に舌と口蓋への質感に基づく」ということです。つまり口当たりに尽きるかと。口に入れたコーヒーの味の強さとでも言いましょうか。ここで気をつけたいのは酸味とか苦味とかの強弱ではないということ。その二つだけでなくもっと広く、コーヒーの成分の感じ方、みたいに踏まえていただくといいかと思います。その辺、興味のある方は意識しながらコーヒーを飲んでもいいかもしれませんね。

先程、間違いないロットと言いました。サン・アグスティンは農園名や地域名ではありません。このコーヒーが収穫されているウィラにはサン・アグスティン遺跡という遺跡があり、その名をブランド名にしているコーヒーです。だもんで、サン・アグスティンでもピンキリだったりします。もしこの先、このロットよりカップが落ちた場合は遠慮なく取扱いをやめることになります。もっと言うと実はこのサン・アグスティンは繋ぎのコーヒーです。
去年ひょんなことからコロンビアのコーヒー生産者と知り合うことができました。そこから某有名農園の関係者やら、コロンビアの有名ロースターだとか、有名カフェ経営者とか芋づる式(?)に繋がり、紹介してくれた方との繋がりで日本側もそこからコロンビアコーヒーなどの輸入をする会社を立ち上げることになりました。店主もそのプロジェクトに一枚噛ませていただくことになりました。
今はコロンビア側にウチが求めるコーヒーを輸出できるか、サンプルをもらってはフィードバックしてお互いを高めあっております。そこからこのサン・アグスティン以上のコーヒーが出てくることを願っているのでぜひ実現させたいところです。

最後に毎月変わる今月の珈琲とオススメコーヒーをセットにした【今月の珈琲セット】。今月は味が被らないようにThe Blend : Mas Que Nadaです。こちらは深煎りと浅煎りのブラジルを間違ってブレンドしてしまったことから偶然生まれたブレンドです。先月から販売していますが、ウチにしては普通のコーヒーの味がすると非常に評判が良いコーヒーです。





[PR]たぐち珈琲豆店Facebookページへの「いいね!」お待ちしております!